リフォームのススメ

一般的にリフォームする理由を大きく分類すると4つあります。
工事のタイミングにより大きな損をしてしまうので、家の状態を把握し、無駄の少ないリフォームをお奨めします。

システムキッチン
  1. 具体的な家の老朽化による緊急工事
  2. 人のサイクルライフにあわせた増改築
  3. 家をより長持ちさせる定期的なメンテナンス
  4. グレードアップ

家のライフサイクルを逃すと工事費は増大します。
1. の緊急(営繕)工事というのは 3. の定期的なメンテナンスを行うことで大方防ぐことができます。
家のライフサイクルは一般的にストレート屋根なら 15年、配管は 15年、防蟻は 5年、壁紙は 10年、外壁塗装は 10年、外部木部塗装や外部鉄骨塗装は 5年など補修が必要とされています。
補修のタイミングを逃して多額の費用を払うことにならないようにご注意ください。

太陽光発電でエコライフ

太陽光発電は、再生可能なクリーンエネルギーの一つ。 太陽電池を利用して太陽光エネルギーで電気をつくります。(注)お湯を温めるだけではなく、家電や照明、冷暖房などに利用するための電力となります。

導入費用はやや高額ですが、昼間の電力消費を緩和し、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素も排出しないクリーンなエネルギーです。国や地方自治体によって様々な支援制度もありますので、詳しくは弊社へご相談ください。
また、発電し電気が余った場合は電力会社へ売ることができます。電力不足の場合は通常通り電力会社から買うことができ、発電した電気は無駄なく活用できます。3kWシステムなら、半分以上は太陽光発電でまかなえる計算ですので、無駄遣いをしなければ電気料金は大幅に安くなります。

一日の発電電力量と消費電力量

太陽光発電システムの主な特徴

太陽光発電
  • エネルギー源が太陽なので、エコロジー
  • 比較的に単純な仕組みで修理などが容易
  • 電気を使用する場所の近くで発電できる
    (家庭では屋根へ設置することが一般的)
  • 大きな電力を得るにはある程度面積が必要
  • 太陽光が届くときのみ発電します
    (注)電気はいつでも利用可能
  • 設備によっては停電でも非常用コンセントとして利用可能

設備は太陽電池モジュールを屋根に設置し、電力変換をするパワーコンディショナを室内外いづれかの壁面に設置します。豪雪にも耐えられるように設置しますので、ご安心ください。設備の寿命は太陽電池モジュールは 20年以上、パワーコンディショナは 10〜15年と言われています。何年かに一度、定期点検をすると安心です。

建て替え

建て替えとリフォームを比較

建築中

建て替えの場合、まだ十分に使える部分があってもすべて壊すわけですから、リフォームに比べて廃棄物が多く、その分日数がかかります。仮住まいの準備や費用、引越し費用、登記の費用などの出費が加算されその金額もかなりの額になります。
リフォームの場合は使える部分をそのまま利用するので廃棄物も少なくてすみ、その分の一時的なコストを削減できます。建て替えに比べ総工事費が少なく済みますが、リフォーム工事を少しづつ繰り返すと建て替えよりも工事単価は割高になることがあります。

コスト面で比較すると工事にかかる費用だけでなく付属として必要な費用も考慮し、総額いくらになるかを比較検討してみてください。建て替えに必要な費用の 7割以上もかかるリフォームであれば、建て替えをお奨めします。

▲ページの先頭へ戻る